「壊死性筋膜炎」という名前を
先日のニュースで聞かれた方も多いと思う。

世の中には名前すら知らないけど
怖い病気があるものだ。

壊死性筋膜炎は病状の進行が速いのが特徴で、
皮下組織の壊死につながる病気で、死亡率も高いという。


東北の主婦の方がこの「壊死性筋膜炎」に罹患
足と手の指を全て切断というから、まったく
お気の毒である。

主婦の脚のかかとのひび割れから細菌が
侵入したのが「事の起こり」だという。 
しかも、この細菌は身近にありふれてるって
いうから、始末がわるい。

それに、かかとのひびって・・冬だったら
日常的にあることだろう???

だったら、私たちにできることは
対抗策で細菌を無くするか
減らすだろうな、やっぱり!

感染の脅威

止めろ!感染!
やっつけろ!細菌!!

        ↓  ↓  ↓     



bn3xk4da6b1 at 16:25 この記事をクリップ!
話題記事