映画18本がたった 1秒でダウンロード可能になるという
ちょっと、にわかに信じがたいような通信技術が
もはや、実用直前まで来ていると言う。
 

まさに驚異の通信技術「Li-Fi」
 

「Wi-Fiが繋がらない」「スピードがノロい」というような
 不都合をクリアにする新時代の通信技術が広範囲なテスト段階へ突入する。
「Li-Fi」とは2011年にスコットランド・エディンバラ大学 のハラルド・ハースさんに
よって開発。

ミクロ単位のLEDと光センサーを使用して光をデジタル信号に変えて
通信するというものでモールス信号の原理と似ている。
簡単に言うと信号機、電光掲示板電球、テレビのように
近辺に在る“光”を通して 無線データ通信が行えるようになる画期的な技術だ。

人間の目に見える可視光を使用し、光の点滅具合でデータを分析するわけだが、
光は超高速で点滅してるので私たちにはただの光にしか見えないという。

しかも光は壁を通り抜けることができないため、電波の妨害、
傍受といったセキュリティの強化も 期待できるというわけ。
米オックスフォード大学で研究者が今年初めに行なった実験では、
毎秒224ギガビット、Wi-Fiの100倍の速さを出すことに成功した。
これは1.5ギガバイトの映画18本がたった 1秒でダウンロード可能に
なるという驚異的なスピードである。

しかし、現存している建物はLi-Fi用にデザインされておらず
普及には時間がかかるのではないか? 
という懐疑的な意見もあるようだが、
エストニアの首都タリンではオフィスや産業界での実験が成功を収めており
「LED電球が組み込まれたマイクロチップを通してインターネットに
アクセス できる日が来るのもそう遠くはない」とハースさんは前向きで意欲的だ。

電波のように波長に制限がないうえ 電波塔が不要になるため、
電波の届かない僻地でやきもきすることはなくなる。
さらに電波(電磁波)による人体への影響はないので安全だ。
光さえあったら無線通信ができる環境になってしまうので
 Li-Fiは無限の可能性を秘めていると言えそうだ。
これまでの小規模の実験からさらにその規模を拡大、
できるだけ早期の普及を目指すという。





                    

 
16:2015/11/30(月) 09:37:34.78 ID:
>>1
可視光に近い波長だと障害物の影響でかすぎだろ
それとも障害物の影響を軽減するのは諦めて転送性能の向上にリソースを集中するつもりか
60GHz帯でも難しいらしいし
5:2015/11/30(月) 09:22:11.74 ID:
そんなことより目の前のusb3.0フラッシュメモリの書き込みが
劇的に遅いことを今知ってしまったことが問題である
2.0とほとんど変わらんやんけ、どうりで安いはずだわ
101:2015/11/30(月) 11:07:29.11 ID:
可視光線で視認可能な距離(数百m~数キロ)にてギガ級速度で通信できるなら、
ビル間通信などに使えるかもしれない。
 
 
                      
 
 

続きを読む



bn3xk4da6b1 at 12:14 この記事をクリップ!
話題記事